【必見】ヒゲ脱毛による肌荒れの原因と対処法

ヒゲ男子、卒業宣言!
医療レーザー脱毛でヒゲ男子卒業宣言 > 基礎知識 > 【必見】ヒゲ脱毛による肌荒れの原因と対処法

【必見】ヒゲ脱毛による肌荒れの原因と対処法


多くの男性が行っている「ヒゲ脱毛」ですが、施術後の肌荒れやニキビなどで悩む人が多いようです。
なぜ脱毛をすると肌荒れが起きたり、ニキビができてしまったりするのでしょうか?
今回は、その原因や対策方法を調べてまとめます。

肌荒れやニキビの「原因」

脱毛をする光やレーザーは肌に負担がかかっている

脱毛サロンで使用されているフラッシュや、病院やクリニックなどの医療機関で使用されているレーザーは、実はかなり肌に負担をかけているのです。
負担が最小限になるように配慮はされていますが、それでも肌が弱い人は過剰に反応してしまい、肌荒れが起きたりニキビができてしまったりするのです。
また、レーザーによる照射で皮膚が軽いやけど状態になり、皮膚が赤くなったりヒリヒリしたりすることもあります。

脱毛後の肌は乾燥しやすい

脱毛後は、レーザーの熱によって軽いやけど状態になっていたり、肌の水分が失われた状態になっています。
そのため、肌のバリア機能が低下してしまい乾燥しやすくなってしまうのです。
もともと乾燥肌の方はさらに乾燥が進みますし、それまで乾燥していなかった方でもカサカサになってきます。
乾燥はお肌の大敵と言われていて、いろんな肌トラブルの原因になります。
脱毛後の肌トラブルも、乾燥が原因になっていることが多いのです。

肌荒れやニキビの「対策方法」

保湿をしっかりとする

前述したとおり、脱毛後は肌が乾燥していて、その乾燥が肌荒れやニキビの原因になっています。
ですから、脱毛後は保湿をしっかりすることが重要になります。
市販のローションやクリームで十分なので、こまめに保湿することを心がけましょう。
保湿は、乾燥による肌トラブルを防ぐだけではなく、肌の新陳代謝をあげて脱毛効果を引き出すこともできますので、一石二鳥です。

アフターケアが完備されているところを選ぶ

脱毛する際は、脱毛後の肌トラブルに対応してくれるアフターケアのサービスがしっかりしているところを選びましょう。
病院やクリニックは、脱毛料金は高くなりますが、医師によるアフターケアが受けられるドクターサービスが完備されているところが多いので、安心して通うことができます。
脱毛サロンでも細かいアフターケアをしてくれるところもあるので、事前に確認しておきましょう。

最新レーザーを使用しているところを選ぶ

最近では、脱毛機器もどんどん改良されていて、より少ないダメージで脱毛できるようになってきています。
最新の機器は、肌荒れやニキビを防ぐだけではなく、脱毛の効果も上がってきているようです。
「ダメージは少なく、効果は大きい」どうせお金をかけるなら、そっちのほうがいいですよね?

まとめ

肌トラブルの原因は、脱毛によるダメージや乾燥でした。
せっかくきれいにするための脱毛なのですから、アフターケアをしっかりして、できるだけ肌トラブルなく脱毛していきたいですよね。


ここに行けば間違いない!ひげ脱毛店ランキング