ヒゲ脱毛は痛いの?どれくらい痛いのか知りたい!

ヒゲ男子、卒業宣言!
医療レーザー脱毛でヒゲ男子卒業宣言 > 基礎知識 > ヒゲ脱毛は痛いの?どれくらい痛いのか知りたい!

ヒゲ脱毛は痛いの?どれくらい痛いのか知りたい!


脱毛をしている方が増えていますが、痛みは人それぞれで「痛い」という方もいれば「痛くない」という方もいます。
しかし、ヒゲ脱毛に関しては誰もが口をそろえて「痛い」と答えます。
ヒゲ脱毛は本当に痛いのでしょうか?
また、どのくらい痛いのでしょうか?
調べてみました。

ヒゲ脱毛は「痛い」!

結論ですが、ヒゲ脱毛はやはり痛いようです。
ヒゲ脱毛には施術方法がいくつかありますが、どの方法をとってもレベルは違えど痛いものは痛いそうです。
中には、痛みに耐えられず脱毛を断念する方もいます。
脱毛の痛みは、肌質、毛の太さ、毛の濃さ、毛の量によって個人差があります。
しかしヒゲは、人間の体の中で髪の毛の次に毛が濃くて太くて根元が深い毛です。
髪の毛を脱毛する方はいませんから、ヒゲ脱毛が全身の脱毛の中で一番痛いと感じるのはこのためです。

どんな痛みなの?

病院などで医者がよく使っているのは「ゴムをパチンとはじかれた時のような痛み」という回答だそうですが、実際に脱毛を体験してみるとそんなもんじゃないそうです。
サロンで行われている「フラッシュ脱毛」の痛みは我慢できる程度の痛みだという意見が多いですが、医療機関で行う「レーザー脱毛」に関しては「手持ち花火を押し付けられている感じ」くらい痛いそうです。
想像しただけでかなりの痛みだということが伝わります。
レーザー脱毛では、医療機関でのみ行われるので麻酔の使用が認められています。
しかし、完全に痛みを取り除くことはやけどなどにつながるため、麻酔と言っても緊張を和らげたり痛みを軽くする程度の効き目しかないようです。

痛いのは嫌だけど脱毛はしたい!

そんな方には「メディオスター」という脱毛方法がおすすめです。
メディオスターは、痛みが少なく脱毛効果も高いことが特徴で、脱毛回数が少なく済むことも魅力です。
レーザー脱毛がとても痛いのは、毛を作り出す「毛乳頭」という部分を破壊することで毛を生えてこなくしていたからなんです。
その点メディオスターは、毛に栄養を与えている「バルジ」を破壊するため、少ない痛みで脱毛することが可能なのです。
また、皮膚への負担も少ないため、脱毛後の赤みなどのトラブルも軽減されるそうです。
今までのだともうではデメリットとされていた部分が解消されている「メディオスター」。
ぜひ試してみてください。

まとめ

「ヒゲ脱毛」の痛みについてまとめました。
やはりヒゲ脱毛はかなりの痛みが伴うようです。
どうしても痛みが気になるという方は、病院やクリニックなどの医療機関で麻酔を使用しながら施術してもらいましょう。
完全に痛くないというわけではなさそうですが、少しは軽減されるでしょう。
また、痛みが少ない脱毛方法も開発されています。
痛みも少なく肌へのダメージも軽い、でも脱毛効果は高い。
痛みが嫌でヒゲ脱毛をあきらめていた方は、そんな最新脱毛機器を導入しているところを探してみてくださいね。


ここに行けば間違いない!ひげ脱毛店ランキング